N⇔G
ライブ予定/live schedule ライブ報告/live report メンバー紹介/band ディスコグラフィ/discography 音源紹介/music diary 音楽レビュー/review 日記/diary リンク/links
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
アルバムオブザイヤー2006(室井)
 「THE BLACK PARADE」
 MY CHEMICAL ROMANCE
 
 いったん期待を外す様なアプローチを
 してきつつ外し方が半端じゃなくある
 意味期待を裏切り更に虜にしてしまう
 要素満載でアルバムの一貫性に自信
 満々で揺るぎがない作品
 ・・・と言うのが理由。


他の聴いた作品に関してはこちら
↓↓↓
☆他2006年聴いた作品☆

「Fever You Can't Sweat Out」 PANIC! AT THE DISCO
2005年の作品だけど2006年に聴き込んだからね。
どれも素晴らしい曲だけどアルバムとしての一貫性に欠けてたような気が…でもはまったアルバムのひとつ。


「EVERY MAN FOR HIMSELF」 HOOBASTANK
一部メンバーが抜け心機一転いろいろあれやこれやと詰め込んだ感のある作品だった。好みとは外れていった…

「Broadcast to the World」 zebrahead
グランプリ候補だった作品。ボーカルがかわったけど余り新しさや斬新さは感じられず。アルバム全体の出来や好みでいうと申し分無いんだけど今ひとつスパイスが足りないような・・・間違いなく好きなんだけどね。

「Decomposer」 The Matches
新しさを感じるバンド。音作りも好き。しかし個人的にボーカルが好きになれず。

「Stadium Arcadium」 Red Hot Chili Peppers
最近のレッチリのアルバムの中では好きな出来だった。しかし2枚組で曲数も多くアルバムとしてのボリュームは軽く満足を超えてしまい大味になってしまってたような。しかし昔のレッチリを感じさせるパワーも感じられたアルバムで良かったと思う。


「A BEAUTIFUL LIFE」 MUMSDOLLAR
2006年デビューのバンド。初めて聴いた時はいいんでない?とも思ってみたものの新しさは感じられず。ちょいと周りの作品に埋もれちゃったかなー。嫌いじゃないけど。

「Empire」 KASABIAN
個人的には良さを感じることが出来なかった作品。一貫性もあるしきれいな出来だとは思うけど。そもそも好きな音でないだけなんだけど。一枚目の作品は嫌いじゃなかったのに・・・

「ELEVEN FIRE CRACKERS」 ELLEGARDEN
前から日本人離れしたボーカルの発音には心地良さを感じてたけど、今回のアルバムには新しさが感じられず。悪く言うとアルバム構成のパターンが今までとあまり変わり映えしないと思った。悪くないけど前回のアルバムのほうが好きかな。

「TWISTER」 10-FEET
んんん。心底好きにはなれない。コメントしにくいけどこれも直感的に前回アルバムの方が好きだったなーと言うのが感想。


とナメ腐った感想書きなぐりましたが個人的に思った率直な感想。
お前にどんだけできるんやー!言われても何もできません。(室井)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ng.blog3.fc2.com/tb.php/113-ac16239f
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。