N⇔G
ライブ予定/live schedule ライブ報告/live report メンバー紹介/band ディスコグラフィ/discography 音源紹介/music diary 音楽レビュー/review 日記/diary リンク/links
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「INFINITY ON HIGH」 FALL OUT BOY
 FALL OUT BOY
 INFINITY ON HIGH
 (2007年2月6日)







正直今の今まで興味が沸かなかったバンド。あまりにもMTVで聴いて欲しいと言わんばかりに3曲目の「This Ain't A Scene, It's An Arms Race」が流れていたので今回のアルバムを聴くことにしました。前作までは個人的にパッとしなかったので今回のアルバムも期待していませんでしたが・・・簡単に申しますと前回までとは打って変わり非常にバラエティにとんだ楽曲でこれでもかこれでもかとあらゆる手を使って聴かせてくれます。個人的主観で言うと
聴いた直後、「やっぱこんなもんかー」というのが初めの感想。その時思い出したバンドはグリーンデイ、パニック アット ザ ディスコ、マイケミカルロマンス・・・この時はまだ「認めてなるものか~、ほらやっぱりこんな安直な感じだ~」てな感じでした。それから「音がきれいなだけジャン、歌がうまいだけジャン、絶対認めね~」てな感じでした。・・・ただ車で常に大音量で聴き続けることで最近「ん、いいじゃん・・・ていうかいいんじゃね~」に変わってきています。
これまでの彼等のアルバムには無かったバラエティ性により今までのファンはどう思っているかわからないけど、俺はこのアルバムなかなかいいと思うなー。個人的に気になる所は「音がキレイすぎる事」、「歌がうまいのに100%の力が感じられないという事(80%位で歌ってそうな感じ)」、「色気を出して惹きつけようとしている様に感じてしまう事」うまく言えないがまだ100%認めない自分がいる。
でも彼等の中の今までで一番出来の良いアルバムだと思う!!!(室井)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ng.blog3.fc2.com/tb.php/130-bed79094
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。