N⇔G
ライブ予定/live schedule ライブ報告/live report メンバー紹介/band ディスコグラフィ/discography 音源紹介/music diary 音楽レビュー/review 日記/diary リンク/links
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
「Untitled」 KORN
 KORN
 Untitled
 (2007年7月31日)







今更何も言うまい・・・てな感じで圧倒されるね。ボーカルのジョナサンはこのバンドやる前はドラムやってたという話をどこかで見て覚えてるが、ボカールしか知らない。ほんとボーカリストとしてのカリスマ性に満ち溢れているよね。初めて出合った時から10年以上経ってますが若干音が変わってきて、スケールのでかさにビビリまくりっ!
実は初めて聴いた時は大学時バンドやってた頃で、周囲であまりにも有名だったので聴いておかないと・・・と思い聴いたが、「いまいち。。。」と思ってた。しかし!!この思いを払拭させたのは1999年のWOODSTOCKでの彼等のライブ映像。曲は知ってたけど映像と合わせてみる事ですごさが伝わり、鳥肌立ったのを覚えている。それからは映像無しでも彼等の音で彼等の動く映像が頭に入ってきて心底楽しめる(彼等の世界へ入り込む)事が出来るようになった。

何が言いたいかというと、このバンドに出会えた事によって今の我がバンドでのLIVEへの意識につながっているという事。ようはパフォーマンス。その場の空気をいかようにも出来るんだなって。でもそれは容易ではないからこそカリスマ性があって・・・

「LIVEで自分達のベクトルを合わせそれが最高潮に出せるポイントが自分達で理解できていて間違いないタイミングで相手に悟られないように完璧なコントロールでの独特の空気作りが出来る。」自分でも知らない自分をコントロールして出せると言うか。所謂スーパーサイヤ人的な・・・

この人何トチ狂った事ほざいてんの?と思われそうですが、そうかもしれません!

・・・・・・・・・モスだよ~

        (室井)
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ng.blog3.fc2.com/tb.php/154-f8b88ba9
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。