N⇔G
ライブ予定/live schedule ライブ報告/live report メンバー紹介/band ディスコグラフィ/discography 音源紹介/music diary 音楽レビュー/review 日記/diary リンク/links
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
--/--/--(--) --:--:--| スポンサー広告| トラックバック(-) コメント(-)
レコーディング本番(一日目)
ちょっと時間が経ってしまったけど、12月5日()、6日()の2日間、サードアルバムのレコーディングでした。
一日目、スタジオ入りしてまずはドラムパートの録音のためにドラムのセッティング、マイクを並べて、ケーブル類を接続。ミキサー室にてミキサーその他の接続、セッティングはしたものの音が出ない。一応、機材の取扱説明書はあるもののそれらを見てもイマイチ分からず、メンバー全員で試行錯誤しながらなんとか音が出るようになり、ドラムの音調整など録音出来る状態になるまでに3時間もかかってしまった。それからようやくドラムパートのレコーディング開始。1曲1曲、何度も繰り返しながらリーダーはドラムパートを録音していった。メンバーはミキサー室でその様子をモニタリングしながら、着々と録音されていくのを見守っていた。

最初の予定では1時間で準備をして、ドラムパートを録音したあと、ボーカルを6、7曲程度入れたいと思っていたが、大幅に遅れてしまった。結局ドラムパートだけでほぼ3時間費やしてしまった。リーダー室井はクタクタだった。それから残り数十分の間にボーカル録りも始めた。録音されたドラムパートとデモ曲のオケを重ねて再生し、それに合わせての歌入れ、微妙なズレもあっただろうが、時間ギリギリまで2曲だったかな?歌も入れて一日目は終了。
夜中だったから、そのままボーカル能美宅で宿泊。その時にレコーディングしたドラムパートをメンバー全員で視聴。スピーカーから流れるその音を聴いてタムの音の悪さにメンバーは困惑してしまったのであった。最初の準備のせいで、予定よりかなり時間が押していたにも関わらず、ここに来てドラムパートをすべて録り直す時間もなければ、リーダーにもそんな元気はなさそうだった。さぁどうなるのか?、どうするのか?


posted by Hama
コメント
この記事へのコメント
コメントを投稿する
URL:
Comment:
Pass:
秘密: 管理者にだけ表示を許可する
 
トラックバック
この記事のトラックバックURL
http://ng.blog3.fc2.com/tb.php/271-deff8ebf
この記事へのトラックバック
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。